こんな食感の和菓子はじめて!  カリッとシャリっと島根の薄小倉!

和菓子 地方銘菓

2019年8月3日

島根県松江の銘菓、薄小倉を知っていますか?小倉を使った四角い和菓子なのですが、初めて食べた時、その食感に衝撃を受けました。今回はそんな新食感和菓子、薄小倉を紹介します!

薄小倉の歴史

文化六年(1809年) 、桂月堂は島根県松江で創業しました。松江では古くから茶道が盛んで、その影響で和菓子も発展してきました。桂月堂でもお茶に合う茶菓子を研究し、薄小倉が誕生しました。

しゃりっとおいしい薄小倉



シンプルな包装に包まれた薄小倉は、開けてみると綺麗な四角で幅の狭いきんつばのようですが、よく見ると半透明で中の小倉の粒が見えます。
他の何にも似ていないその独特の食感と、クセのない上品な甘さが本当に美味しいです!
薄小倉は3日間秘伝の蜜に漬け込んだ、大粒の大納言小豆を丁寧に炊き上げ、寒天と砂糖を溶かした錦玉を流し込み、じっくりと窯で乾燥させて作られます。一見地味ですが、とても手間暇がかけられた一品なんです!

口コミ

😄30年位前、新築祝いのお返しにして以来贔屓にしています。山陰の有名店には殆ど置いてありお土産やお礼に最適です。ぜりーの中の餡がなんとも上品な甘さです。触感もいいですし大きさも程よくとにかく上品です。

😉ジャリっとした砂糖の食感に艶々した小豆。上品さもあり、おいしさもある。これは銘菓です。

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298136-d8607750-r661527107-Keigetsudo-Matsue_Shimane_Prefecture_Chugoku.html

出雲三昧


小豆を挽いた諸越粉を使った落雁に、大納言の粒入り羊羹、白玉粉を使った求肥を3段重ねて作った珍しいお菓子。

まとめ

手間暇かけて作られた薄小倉、この食感はみなさんにぜひ一度は召し上がっていただきたい一品です!最初、この地味な見た目から全然注目していなかったお菓子の一つでしたが、ある時頂いて食べてみたら本当に美味しくて、自分の和菓子の世界が広がった気がしました。
いつものお茶請けに飽きてきた方、和菓子好きな方への贈り物にもきっと喜んでもらえますよ♪
自信を持ってオススメしますので、みなさんも是非お試しください♪

店舗情報

桂月堂

【住所】島根県松江市天神町97
【電話】0852-21-2622
【営業時間】9:00~18:00
【HP】https://www.keigetsudo.jp

  • 1
  • /
  • 1
記事が気に入ったら押してね
  • ♡ 好き (3)

SNSでシェア

この記事に関するタグ

関連記事

おすすめ記事一覧